Category: MT4

Aの作成方法を学習するさいの教科書は必要か?
MT4

MT4のEAの作成方法を学習するさいの教科書は必要か?

MetaTrader 4(MT4)のExpert Advisor(EA)は、トレードを自動化し、トレーダーの効率を向上させる強力なツールです。EAの作成には、MQL4言語の知識やプログラミングスキルが必要です。そのため、MT4のEAの作成方法を学習する際に教科書を使用することが考えられますが、本当に必要なのでしょうか?この問いに答えるために、教科書の利点と欠点を検討してみましょう。

・教科書の利点
1.体系的な学習: 教科書は、MT4のEAの作成手順やプログラミングの基礎から始まり、高度なテクニックまでを体系的に説明しています。初心者から上級者まで、段階的に学習することができます。

2.理論と実践の統合: 良い教科書は、理論と実践をバランスよく統合しています。プログラムの概念や構文を理解した後、実際のEAを作成する手順や具体例を通じて学習できます。

3.参照資料としての価値: 教科書は、MT4のEAの作成に関する重要な概念や知識を記録した参照資料として役立ちます。作業中に疑問が生じた場合や、特定のトピックについて深く学びたい場合に役立ちます。

・教科書の欠点
1.時代遅れの可能性: 技術の進歩やMT4のアップデートにより、教科書の内容が古くなる可能性があります。特に、インターネット上の情報は迅速に更新されますが、書籍の出版プロセスは遅いため、最新の情報を提供できないことがあります。

2.限られた実践経験: 教科書は、基本的なコンセプトや手順を説明することが主な目的です。しかし、実際のトレード環境やEAの開発プロセスは多岐にわたるため、教科書だけでは全てを網羅することは難しい場合があります。

3.個別のニーズに合わせない場合がある: トレーダーのスキルレベルや学習目標は異なるため、教科書が全てのニーズを満たすとは限りません。一部のトレーダーにとっては、個別の指導や実践的なトレーニングが必要な場合があります。

以上のようにMT4のEAの作成方法を学習する際、教科書の利用は有益な場合がありますが、その有用性には限界があります。教科書は基本的な知識や手順を提供しますが、トレーダーが実際にEAを作成する際には、追加のリソースや実践経験が必要です。トレーダーが自分の学習スタイルやニーズに合わせて、教科書を補完することで、より効果的にMT4のEAの作成方法を学習することができます。

どこに問い合わせればいい?
MT4

MT4のEAが動作しないときはどこに問い合わせればいい?

MT4のEAを設定したときに「動作しない!」なんてこともあります。お手上げになってしまった場合は、どこに問い合わせればいいのでしょうか。

MT4のEAが動作しないときは、まずはMT4の設定問題かEAの問題かを見極めなければいけません。

▷MT4が理由で動作しない
・ログインしているアカウントが正しいか
→EAは口座指定をしているものも多くあります。EAの申請に使用したMT4のアカウントを使用してください。
・自動売買がオンになっているか
→MT4の自動売買の設定がオンになっているか確認してください。
・DLLインポートの許可をしているか
→EAが外部DLLを使用している場合、MT4の設定で「外部DLLのインポートを許可する」にチェックが入っているか確認してください。「ツール」→「オプション」→「エキスパートアドバイザー」の設定からで確認できます。
・MT4を再起動してみる
→MT4の再起動で問題が解消することがあります。

▷EAの設定が間違っていてEAが動作しない
・使用する通貨ペア/時間足が間違っている
・パラメーター設定が正しくない
→資金に対しロット数が大きすぎるとEAが動作しないこともあります。

これらを確認した上で、どこに問題があるか判断してください。MT4が理由でEAが動作しない場合は、MT4をダウンロードしたFX業者のサポートセンターに問い合わせます。EAが理由の場合は、EAのダウンロード元に問い合わせます。

MT4やEAの設定に自信がない方は、サポート体制が整っているFX業者やきちんと連絡の取れるEA開発元を選ぶことをおすすめします。特にFX業者は日本語で問い合わせ可能か、対応時間の長いチャット相談窓口があるかなどを確認しておくといいでしょう。MT4に関して分からないことがあったときに、気軽に問い合わせをすることができます。

MT4のEAでトレードするゴールドの特徴
MT4

MT4のEAでトレードするゴールドの特徴

近年、MT4(MetaTrader4)の自動売買ツールであるEA(Expert Advisor)を活用して、ゴールドのトレードをおこなうのが人気です。この記事では、MT4のEAを使用したゴールドトレードの特徴について詳しく説明します。

ゴールドは世界中の投資家に広く取引されている商品であり、その特徴を理解することはトレードにおいて重要です。以下に、ゴールド取引の特徴をいくつか挙げてみましょう。

  • 1. 高い価値とリスクヘッジ
    ゴールドは高い価値を持つ貴金属であり、通貨や株式とは異なる資産クラスです。そのため、経済の不確実性や不安定な市場状況に対するリスクヘッジとして、多くの投資家に利用されています。ゴールドは通貨とは異なり、インフレの影響を受けにくく、資産の多様化に貢献します。
  • 2. ボラティリティとトレード機会
    ゴールド市場は一般的に外国為替市場よりもボラティリティが高く、価格が急激に変動することがあります。この高いボラティリティはトレーダーにとってトレード機会を提供し、利益を上げるチャンスを生み出すことがあります。しかし、同時にリスクも高まるため、リスク管理が不可欠です。
  • 3. スプレッドの注意
    ゴールドの取引において、スプレッド(売値と買値の差)は通常、外国為替市場よりも大きいことがあります。スプレッドはトレードコストに影響を与えるため、トレーダーはスプレッドの変動に注意を払い、トレードの計画に組み込む必要があります。MT4のEAを使用する場合でも、スプレッドを考慮した取引戦略が求められます。

MT4のEAでゴールドをトレードする利点
MT4のEAを活用してゴールドの取引を行うことには、いくつかの利点があります。

  • 1. 自動化されたトレード
    MT4のEAを使用すれば、ゴールドの取引を自動化することができます。プログラムされた取引戦略に従って、EAは市場分析や取引実行を自動的に行います。これにより、感情に左右されずにトレードを行うことができ、トレード機会を逃すことなく市場の変動に対応できます。
  • 2. バックテストと最適化
    MT4のEAを使用する際、過去のデータに基づいてバックテストを行うことができます。これにより、EAの取引戦略の効果やリスクを評価し、最適な設定を見つけることができます。バックテストは、トレード戦略の信頼性を確認するための重要なステップです。
  • 3. 多様な指標とツール
    MT4は多くのテクニカル指標やカスタムインジケーター、チャートツールを提供しており、これらを活用してゴールドの市場分析を行うことができます。また、EAをカスタマイズする際にもこれらのツールを活用することで、トレード戦略を洗練させることができます。

ゴールドのMT4 EAトレードの注意点
ゴールドのMT4 EAトレードを行う際には、いくつかの注意点に気を付ける必要があります。

  • 1. リスク管理
    ゴールド市場のボラティリティは高いため、リスク管理が非常に重要です。EAの設定においてリスクパラメーターを適切に設定し、トレード資本の適切な割り当てを行いましょう。また、ストップロスやテイクプロフィットを設定して、リスクを最小限に抑えることも大切です。
  • 2. ニュースとファンダメンタルズ
    ゴールド市場はファンダメンタルズにも影響を受けるため、重要な経済ニュースやイベントに注意を払う必要があります。EAを運用する際にも、ファンダメンタルズの影響を考慮に入れ、トレード戦略を調整することが重要です。
  • 3. スリッページと約定力
    ゴールド市場において、スリッページ(注文の執行価格と実際の取引価格の差)が発生することがあります。特に市場が急激に変動する場合、スリッページが発生しやすくなります。EAを運用する際には、スリッページに対する対策を考えておくことが大切です。また、約定力の問題も注意が必要で、EAの取引注文が適切に実行されることを確認することが重要です。

以上のようにMT4のEAを使用してゴールドの取引を行うことは、多くのトレーダーにとって魅力的な選択肢です。ゴールド市場は高い価値とボラティリティを持つため、リスクとリターンのバランスを検討し、適切なリスク管理を行うことが不可欠です。また、ファンダメンタルズの影響やスリッページにも注意を払いながら、EAを運用することでトレードの効率化と自動化を実現できます。最終的に、ゴールドのMT4 EAトレードは適切な計画と慎重な実行によって、成功を収めることができる貴重なトレード手法となり得ます。

デモ口座で稼働する際の注意点
MT4

MT4のEA デモ口座で稼働する際の注意点

MT4の口座にはリアル口座とデモ口座があります。デモ口座では、名前の通りデモのトレードを行うことができます。ここで行うトレードは基本的にはリアルトレードに近いものですが、実際のお金を使うわけではないのでご自身の資金が減ることはありません。新しいEAを導入する際に、まずはデモ口座で試してみると安心です。デモ口座を開設するにはMT4の口座を申し込んだFX会社に、デモ口座開設の申請をするだけですぐに開設できます。

デモ口座でのトレードはリアル口座でのトレードと近いトレードができますが、決して全く同じ結果になるわけではありません。MT4のデモ口座ではリアル口座に比べ、値動きの回数が少なくなります。リアル口座の方が細かい値動きをするため、値動きの回数が多くなり、リアル口座とデモ口座では違う価格であることがあります。価格が違うとEAの成績にも影響が出てきます。

値動きの回数や細かさが違うとスプレッドにも違いが生じます。スプレッドは買値(ASK)と売値(BID)の差額で、取引コストです。またデモ口座では、同じく取引コストであるスリッページが発生しません。デモ口座は重要経済指標の発表や注文の殺到による約定遅延などの外的要因に左右されないからです。これら取引コストもまたEAの成績に大きく影響してきます。

しかしながら、新しいEAを試してみる際にいきなりリアル口座で稼働させるよりも、一旦デモ口座で様子を見ることができれば精神的にも安心してトレードを始めることができます。デモ口座で、リアル口座と全く同じ成績を再現することは不可能ですが、使う予定のEAがどんな動きをするのかは確認するためには十分と言えます。デモ口座はあくまでデモであるということを頭に入れたうえで、EAの選択の際のツールとして活用してみてください。

VPS上で行うべき理由
MT4

MT4のEAの稼働はVPS上で行うべき理由

MT4のEAを稼働させるには、パソコンで稼働させる、もしくはVPS上で稼働させるの二択があります。パソコン上で稼働させるには、パソコンを24時間起動させ続けなければなりません。しかし24時間起動させ続けると、負荷がかかりすぎパソコンを大幅に消耗させてしまう、電気代がかかる、熱による火事の危険性があるなどのデメリットがあります。また自動アップデートや万が一の停電やパソコンの故障などで、パソコンが落ちてしまうとMT4のEAの稼働が止まってしまいます。不本意なEA停止は、状況によっては大幅な損失を出してしまうリスクがあり、避けなければいけません。

さらにMT4を複数稼働させるとパソコンのメモリを消費してしまい、動きが遅くなってしまうことも考えられます。EAは注文と約定の価格に差が大きく生まれてしまうと損失を出してしまう可能性があります。

そういったことから、MT4のEAの理想的な稼働環境はVPS上での稼働です。VPSとはVirtual Private Serverの略で、仮想サーバーの意味です。VPSはパソコンをシャットダウンしても、24時間MT4を稼働し続けることができます。自分のVPSにはどのパソコン、スマホ、タブレットからでもアクセスできるため、外出先でもVPS上のMT4を操作することが可能です。MT4のスマホ用アプリは操作内容が限られるため、外出先でも自由にMT4やEAを操作したいという方には適しています。

VPSはVPS業者と月額契約が基本です。しかしFX業者によっては、口座開設すると無料のVPSを提供してくれるところもあります。VPSでMT4を稼働することを見越して、VPSのプランがついている口座を選ぶのもいいでしょう。リスクのない安心できるMT4のEAの稼働環境を整えるためにも、VPSは必須と言えます。

VPSでの設定方法
MT4

MT4のEAをVPSでの設定方法

MT4(メタトレーダー4)のEA(エキスパートアドバイザー)は、24時間自動でFXトレードができるソフトで、ご自宅のパソコンでも稼働できますが「VPS(仮想専用サーバ)」を利用するのがオススメです。MT4のEAをVPSで稼働できるよう設定する方法をご案内します。

まずはVPS(仮想専用サーバ)を契約することです。VPSは基本的には月額料金で利用できますが、FX会社によっては無料でVPS環境を提供しているところもあるので確認してみてください。

MT4のEAを稼働するためのVPSのスペックはそこまで高くなくてもよいですが、最低でも2GB以上のメモリ容量を確保できるプランがよいです。また、MT4を複数動かすなら、最低でもMT4の数×2GBのメモリプランを選ぶことをオススメします。

VPSでのMT4のEA設定方法は、パソコンのWindowsマークをクリックし「Windowsアクセサリ」→「リモートデスクトップ接続」をクリックして、サーバー・ログイン情報を入力すればVPSが起動します。次にMT4を立ち上げ、EAを設定します。MT4のEAの設定方法はご自宅のパソコンでもVPSでも同じです。

MT4のEAは、ご自宅のパソコンで24時間稼働し続けると、パソコンに負担がかかり消耗が激しくなることが心配ですので、VPSを利用する方が多いです。パソコンが故障したり、コンセントが抜けるなど何らかのトラブルで電源が落ちたり、パソコンのアップデートで勝手に再起動してしまった、などで起こるトラブルはVPSを利用すれば心配ありません。ご自宅の電気代節約にもなります。MT4のEA稼働のためのVPS契約は月額1,000円程度から数千円で十分です。設定方法や使用方法も簡単ですので、ぜひ検討してみてください。

テンプレートでプログラミングする
MT4

MT4のEAのテンプレートでプログラミングする

MT4のEAはプログラミングの知識があれば、自作することも可能です。ゼロからEAを作成するのはハードルが高いので、テンプレートを活用するのがおすすめです。テンプレートはMT4のメタエディタに搭載されています。

▷テンプレートを使ってMT4のEAを作成する方法

  1. メタエディタを起動する。
  2. 画面左上にある「新規作成」をクリックする。
  3. ウィザードが起動するので、一番上の「エキスパートアドバイザ(テンプレート)」を選択し「次へ」。
  4. 「名前」を入力し「次へ」。
  5. EAの設定確認があるので、任意のものを選択し、「次へ」。
  6. 設定が完了するとEAのテンプレートが完成し、コードが表示される。

メタエディタで作れるEAテンプレートは全て英語のプログラミングコードで記載されています。EA作成初心者の方は、補助的に日本語で説明の書かれているテンプレートを活用すると、作りやすいかもしれません。インターネット上で公開されているテンプレートがあるので、それらを活用してみてください。

テンプレートによってはほんの数行コードを追加するだけでEAを作れるものもあります。まずはこういったテンプレートに少しずつ変更を変更を加え、慣れてきたら大幅に変更を加え自分好みのEAに変更していくのがいいでしょう。

ソースコードの改変が済んだら、必ずコンパイルを行います。ここでエラーを確認し、ひとつずつ修正していきます。エラーの修正が済んだら、稼働可能なEAの完成です。ただし実装する前に、バックテストを繰り返し、ロジックの修正を行ってください。バックテストでEAの有効性を確認できたら、初めてリアル口座で実装できるEAの完成です。

実装できるレベルのEAが作れなくても、テンプレートを活用してロジックを構成していくだけで十分FXの勉強になります。優秀なEAを選ぶ目も養われていきます。

MT4のEAの手動決済について
MT4

MT4のEAの手動決済について

MT4(メタトレーダー4)のEA(エキスパートアドバイザー)は24時間自動でFX取引をしてくれるツールであり、プロや専門家が作成したプログラムどおりにエントリーや決済を自動でおこなってくれます。MT4のEAは常に自動で取引してくれているので基本的に手動で決済をおこなう必要はありませんが、場合によっては手動で決済したい時があります。

例えば、雇用統計などの経済指標発表や政策金利発表、各国の要人発言など、相場に大きな変動が予想される場合は、EAにはその情報はないので放置しているとリスクが生じますので、利用者は自分で判断して手動決済をした方がリスク回避できます。また、MT4とEAの何らかのシステムの不具合で今すぐ手動で停止したい場合もあるかもしれませんので、手動決済の方法を覚えておくことは大切です。

手動決済をする際は、EAを稼働したままだと手動決済した直後にEAが新たに同じポジションを取り始めてしまう可能性があるので、まずMT4のツールバーに表示されている「自動売買」をクリックしてEAを停止しましょう。

チャート右上に表示されているニコちゃんマークが笑っていない状態になればEAは稼働停止しています。EAを停止した後はEAをチャートから削除してしまってもよいので、その場合はチャート右上の自動売買名の上で右クリックして「エキスパートアドバイザ」→「削除」としてください。

そして、手動決済には「ツール」→「オプション」と進み「取引」タブの中にある「ワンクリック取引」をクリックします。「私はこれらの利用規約に同意します。」にチェックマークを入れOKをクリックしてください。

次に左上にある「ターミナル」ボタンをクリックして、ターミナルの現在保有しているポジションが表示されますので、手動決済したい取引の「×」をクリックすれば決済できます。

MT4

MT4のEA稼働中の再起動について

MT4のEAでFX自動売買している途中でパソコンを再起動するのはおすすめできません。EAにもよりますが、エキスパートアドバイザーが有効のままパソコンを再起動すると新たに新規ポジションを保有してしまう場合があります。パソコンを再起動したい場合はEA自動売買を停止してから再起動しましょう。週末はFX市場が休場でEAが取引していないのでパソコンを再起動しても何も問題なくそのままのポジションを保有するといえますが、実際すべてのMT4やEAでそのとおりになるという保証はありません。また、パソコンを再起動しなくても、EAの再起動についても同様のことがいえます。EAは起動してから保有したポジションの情報をEAの内部メモリに一時的に保持していますが、EAを再起動するとメモリ上の情報がクリアされ、保有したポジションをEAが決済できなくなるというトラブルが発生することもありえます。EA稼働中にMT4を再起動する場合については、既存のEAがバージョンアップして新しいEAをMT4にセットして再起動する場合が考えられますが、EAによってはMT4再起動後もポジションを保有していることもあれば強制的に決済されることもあるなど、どうなるのかは言い切れませんので、基本的にポジションを決済してから再起動するのがよいと思います。

MT4

MT4のEAがエラーで動かない時の対処法

MT4のEAでFX自動売買する際、エラーが出て動かない場合の対処法を説明します。MT4のEAのエラーの理由は複数考えられますが、まずは分かりやすいものから順に一つずつ確認していくことをおすすめします。MT4の上部のタブの「自動売買」が赤くなっている場合は、MT4の自動売買が不許可になっているので許可に設定してください。EAをチャートにセットした際に「自動売買を許可する」の項目にチェックを入れ忘れてないかも確認しましょう。MT4の右下の回線状況が不通になっているエラーの場合は、インターネットが接続できていない可能性があるので自宅のインターネット状況を確認してください。また、ログインができていない状態でエラーになっている場合はログイン状態が間違っているというのがまず疑うべき項目でしょう。その他、口座が無効化されていたり、VPSを利用している場合はVPSからFX会社への通信ができていなかったりということも考えられます。トレード資金が足りていない場合はエラーになってトレードしませんので資金を入れるかロットを下げましょう。また、トレードできない通貨ペアにEAをセットしていてもエラーとなり動かないです。